2010年05月27日

普天間で反発の福島氏に首相「理解に向け努力。それしかない」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は27日朝、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題をめぐり、反発を強める社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相について、「私どもとしては極力、理解をいただけるように最後までできる限り努力する。それしかない」と述べた。首相公邸前で記者団に答えた。記者団からは、福島氏を罷免するかどうかを問われたが、それには言及を避けた。

 政府は移設先として、「名護市辺野古崎周辺」を明記せずに鳩山由紀夫首相の談話をまとめ、28日の閣議で閣僚に署名を求める方針だ。ただ、福島氏は辺野古移設が明記されなくても、閣議で署名しない考えを示している。

【関連記事】
普天間移設 許されぬ文言の使い分け
究極の二枚舌 鳩山政権の無責任体質を象徴
政府方針は「辺野古」不明記 苦肉の配慮も 社民反発「二枚舌だ」
米国でっち上げのテロ 哨戒艦沈没で北朝鮮論評
鳩山首相と対話より海兵隊との交流…辺野古住民の複雑なホンネ
虐待が子供に与える「傷」とは?

鉄球、水にプカプカ…特殊技術に注目(産経新聞)
小沢氏再不起訴 検察審査会、7月にも再議決(産経新聞)
イラン追加制裁 中露も合意(産経新聞)
代替滑走路、工法も合意済み=状況見て発表―政府高官(時事通信)
宝くじ関係4事業を廃止=公益法人仕分け2日目(時事通信)
posted by ムライシ アツシ at 11:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。