2010年05月11日

<エビスザメ>気性は荒いがユーモラスな顔 大阪で展示(毎日新聞)

 2億年以上前のサメの特徴を持つエビスザメ(体長1.3メートル、雌)の展示が8日、大阪市港区の水族館「海遊館」で始まった。捕獲されるのは珍しく、関西では唯一の展示。

 4月、高知県土佐清水市沖の定置網にかかった。現在の多くのサメは背びれが二つあるが、エビスザメは一つしかないなど、大昔に絶滅した種類と共通点が多い原始的なサメ。

 気性は荒いが、口元が笑っているようなユーモラスな顔。恵比寿神から命名されたといい、同館は「見たら笑顔になれますよ」。観客を見事集め、商売繁盛なるか?【服部陽】

【関連ニュース】
<その9>海遊館の「毎日かあさん」
特別企画展:園児、サメにタッチ−−大阪・海遊館

<たちあがれ日本>元巨人の中畑清氏擁立を検討 参院選(毎日新聞)
子ども手当、現物給付も=消費増税は4年後実施−民主の参院選公約案(時事通信)
<高松塚古墳>「飛鳥美人」など公開(毎日新聞)
新住職祝い稚児行列 足立区谷中・法立寺(産経新聞)
上限なし…規制の網を NTT労組側、民主議員に「脱法献金」(産経新聞)
posted by ムライシ アツシ at 11:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。