2010年02月17日

ソフト会社実質経営者ら有罪=高額配当うたい詐取−大阪地裁(時事通信)

 オンラインゲームの広告収入による高額配当を装い、会員から金をだまし取ったとされるマルチ商法事件で、組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)罪に問われたソフト開発販売会社「ヴィヴ」(東京都千代田区)実質経営者浦壁伸周被告(68)らの判決公判が10日、大阪地裁であり、横田信之裁判長は同被告に懲役2年6月、執行猶予4年(求刑懲役5年)を言い渡した。
 同社元社長冨田将一朗被告(35)ら5人はいずれも執行猶予の付いた懲役3〜1年6月(求刑懲役5〜2年)とした。
 弁護側は「事業が結果的に行き詰まっただけで、会員には配当が不安定であることを説明しており、詐欺に当たらない」などと無罪を主張していた。 

<交通事故>米子自動車道で正面衝突、3人死亡4人重軽傷(毎日新聞)
<郵政>654人天下り 公益法人の役職員37%(毎日新聞)
ハイチ大地震1カ月 軌道に乗らない復旧作業(産経新聞)
<交通事故>テレビ朝日の富川アナ、バイクに追突(毎日新聞)
石川議員の辞職要求=離党で幕引き許さず−野党(時事通信)
posted by ムライシ アツシ at 22:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。