2010年03月17日

民家火災で1人死亡、4人軽傷=2階から遺体、10代の息子か−大阪(時事通信)

 14日午前11時55分ごろ、大阪府茨木市三島丘の民家から黒煙が出ていると、隣人男性から119番があった。仁部茂さん方と思われる木造2階建て住宅が全焼し、2階から仁部さんの息子(17)とみられる遺体が見つかった。娘夫婦=いずれも(21)=と3歳と0歳の男児2人も病院に搬送されたが、いずれも軽傷で命に別条はないという。府警茨木署は遺体の身元確認を急ぐとともに、出火原因などを調べている。 

大学のグラウンドにウサギの死体(産経新聞)
<酒気帯び運転>容疑で7人制ラグビー元日本代表逮捕(毎日新聞)
高知の川に乳児遺体(時事通信)
学校運営「校長より職員会議」8割 道内公立校、「法逸脱」状態 (産経新聞)
原爆症新たに1人認定=救済法成立後初の判決−名古屋高裁(時事通信)
posted by ムライシ アツシ at 04:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

夫婦別姓法案で千葉法相、党議拘束外しを示唆(産経新聞)

 千葉景子法相は5日午前の記者会見で、選択的夫婦別姓制度導入のための民法改正案について、党議拘束をかけずに採決する可能性に言及した。民主党内の保守系議員や国民新党が同法案に反対しているため、党議拘束を外すことで今国会での法案提出に持ち込みたい考えを示唆したものだ。

 千葉氏は会見で「家族観にもかかわるとすれば、自主的な判断で採決したらどうかという意見が従来あった」と指摘。ただ、「基本的には、閣法として提出すれば与党で党議拘束を外すことには、原則ならないものだ」とも述べ、当面は党議拘束をかけることを模索する考えも示した。

 この問題をめぐっては、民主党の平田健二参院国対委員長が先月24日の記者会見で、党議拘束をかけずに採決するのが望ましいとの考えを示している。

【関連記事】
廃れる先祖への敬慕 戸籍も墓も個人単位
個人の自由?家族解体? 選択的夫婦別姓、議論沸騰
「結婚は不自由…子供持てば一層」埼玉県教育委員長が発言、すぐ謝罪
ほころぶ家族の絆…お父さんだけ違う姓
選択的夫婦別姓「絶対に反対」 亀井代表、改めて表明

「密約」で参考人質疑へ=衆院外務委(時事通信)
賃貸更新料は無効、家主側が2審も敗訴(読売新聞)
車乗り逃げ被害多発 タイヤに金属リング・異音確認のすきに(産経新聞)
市立小給食から縫い針=京都・城陽(時事通信)
吉川英治文学賞に重松清氏(時事通信)
posted by ムライシ アツシ at 13:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。